タイトルロゴ


お知らせ

2011.4.1 修身教育関連の書籍販売のページをオープンしました。

教育勅語とは

 教育勅語とは、1890年(明治23年)に発表された日本の教育の根幹と国民の培うべき徳行を説いた勅語で、正式には「教育ニ関スル勅語」とうものです。教育勅語には、日本人が祖先から受け継いできた豊かな感性と伝統的道徳観が込められており、人が生きてゆく上で心がけるべき徳目が、12の項目に別けられて簡潔に述べられております。当時の学生達は、皆、この教育勅語を暗唱でき、また、学校では修身を学び、道徳観を養っておりました。

原本

教育勅語原本

教育勅語

教育ニ関スル勅語
朕惟フニ我カ皇祖皇宗国ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ
我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ済セルハ此レ我カ国体ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦実ニ此ニ存ス
爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭倹己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ学ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓発シ徳器ヲ成就シ進テ公益ヲ広メ世務ヲ開キ常ニ国憲ヲ重シ国法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ
是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風を顕彰スルニ足ラン
斯ノ道ハ実ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス
朕爾臣民ト倶ニ拳拳服膺シテ咸其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ

明治二十三年十月三十日
御名 御璽

教育勅語に扱われた12の徳目

1.父母ニ孝(こう)ニ 親や先祖を大切にしましょう
2.兄弟(けいてい)ニ友(ゆう)ニ 兄弟仲良くしましょう
3.夫婦相和(あいわ)シ 夫婦はいつまでも仲むつまじくしましょう
4.朋友相信(ほうゆう)ジ 友達はお互いに信じあいましょう
5.恭倹(きょうけん)己(おの)レヲ持(じ)シ 自分の言動を慎みましょう
6.博愛衆(しゅう)ニ及ボシ 広くすべての人に愛の手をさしのべましょう
7.学ヲ修メ業(ぎょう)ヲ習ヒ 勉強にはげみ技能を身につけましょう
8.智能ヲ啓発シ 知徳を養い才能を伸ばしましょう
9.徳器(とっき)ヲ成就(じょうじゅ)シ 人格の向上につとめましょう
10.公益(こうえき)ヲ広メ、政務(せいむ)ヲ 開キ広く世の人々や社会のためにつくしましょう
11.國憲ヲ重(おもん)ジ、國法ニ遵(したが)ヒ 規則に従い社会の秩序を守りましょう
12.一旦緩急(かんきゅう)アレバ、義勇公(こう)ニ奉(ほう)ジ
 勇気をもって世のためにつくしましょう

教育勅語成立の経緯

1878年(明治11年) 「教学大旨」の発布
1882年(明治15年) 道徳教育の基本となる「幼学綱要」の頒布
1890年(明治23年) 10月30日「教育勅語」の発布。
1891年(明治24年) 小学校祝日大祭日儀式規定制定。
学校などの式典での教育勅語の朗読が決まる。
1900年(明治33年) 小学校令施行規則制定。
1946年(昭和21年) 連合国軍最高司令官総司令部(GHQ) が教育勅語の朗読と
神聖的な取り扱いを禁止。
1948年(昭和23年) 6月19日に衆議院が「教育勅語等排除に関する決議」を参議院が
「教育勅語等の失効確認に関する決議」を決議。