タイトルロゴ


お知らせ

2011.4.1 修身教育関連の書籍販売のページをオープンしました。

教育勅語成立の由来

 昭和20年の終戦以来64年間、「教育勅語」といえば、軍国主義教育の象徴・封建的な古い道徳で、民主主義教育にはそぐわないとして教育界から追放されています。GHQ(マッカーサー占領軍)ですら手を付けなかった(実際は国際的に余りにも有名なため手を付けられなかった)教育勅語を、日本の衆議院・参議院が自発的に「排除決議」したのは摩訶不思議な話です。後編の資料集で実証する如く、日本とは反対に、世界各国では今も昔も教育勅語は高く評価されています。
 しかし、教育勅語を批判・非難する学者・政治家・評論家・マスコミも、その成立の由来を知れば認識を改めることになります。教育勅語は、明治天皇想の蔓延側の布告でも、政府の指令でもありません。明治維新後の規範意識の欠如・道徳の退廃・伝統文化の無視・舶来思・学校教育の混乱で困り果てていた「全国知事会」の、6年越しの教育再建運動が実を結んだものです。詳細は拙著「教育勅語絵巻物語」(日本館書房)をご参照ください。

墨絵